ラグマット

ラグで床を守りラグでリラックスしよう

オレンジのソファ

フローリングの床はとてもおしゃれで素敵ですが、傷や汚れがつきやすいだけでなく、冷えが下から上ってくる感があるのは否めません。なので、床全部を覆うカーペットは使わないにしても、ポイント、ポイントでラグを使うと良いでしょう。具体的には、リビングやダイニング、お子さんの遊びスペースや勉強机の下などには、ぜひラグを活用しましょう。
リビングのラグはソファの色などに合わせるとおしゃれな感じになります。ダイニングの食卓の下やお子さんの遊びスペースは、何かと汚れやすいです。小さなお子さんがいると更にその傾向が高まります。ラグには防音効果もあるのでお勧めです。最後の勉強机の下のラグは、もしそれがなければ、椅子の引き摺り傷ができることでしょう。
また、最近のラグはとても優秀で、洗えるラグ1つをとっても、最近のものはこれが洗えるラグなのかと思う程、肌触りの良いものが多くあります。同じ洗えるラグでも、お子さんがお使いになるスペースに置くラグならコットン100%にするという手もあります。
ラグは新しいものに変えるのも、それ程、大変ではありません。季節や気分に合わせ、その時、一番良い気分でいられるものにすると良いです。お気に入りのラグが家にあるだけで、家の外で味わったつらさが和らぐこともあります。素敵なラグに出会えるといいですね。

上手なラグ選びのポイント

お部屋のアクセントとして、また部分的な敷物としてラグが大変人気です。カーペットに比べてデザインが豊富にあり、さらに形や大きさ、素材も多彩ですから、選ぶ際には迷うかもしれません。ラグ選びを失敗しないために、上手な選び方のポイントをみていきましょう。
まず、ラグを選ぶ際に押さえておきたいポイントは、どんな用途で使うかを把握しておくことです。敷く場所、その広さ、用途をしっかり確認しましょう。ラグを使う機会が最も多い、リビングについて考えてみましょう。リビングにラグを敷く場合、大きく二つの使い方があります。ソファーの部分に敷く場合と、リビングのコーナーに敷く場合です。ソファー周りの場合は、そのスペースに合った大きさをまず考え、部屋や家具類の雰囲気に合ったデザインで選ぶのが良いでしょう。落ち着いたカラーのソファーで部屋全体も落ち着いた雰囲気であれば、アクセントになるようなデザインのラグもおすすめです。部屋のコーナーで寝転んだりするためにラグを敷く場合は、肌触りや保温性を考えて選ぶことが大切です。
ラグの選び方のもうひとつのポイントは、お手入れのしやすさです。毛足の長いものはゴミが中に入り込みやすい点を考えておきましょう。汚れやすいダイニングでラグを使う場合は、汚れが付きにくい素材や、掃除がしやすいタイプのものがおすすめです。

ラグで冒険をしよう

ラグはカーペットと違い、部屋全体ではなく部分的に敷くもので、模様替えの手間もかからずお値段もお手頃です。また、カーペット類はずっと敷きっぱなしで洗濯やメンテナンスが大変なイメージがありますが、敷きっぱなしは埃やダニの温床になりかねないので避けたいところです。
その点ラグは、お手入れしやすい素材やサイズを選べば、敷きっぱなしの危険もありません。大きさもバスマット程度のものからありますので、メンテナンスしやすいものを選んで、お天気のよい日にはがんがん洗濯して日光にあて、清潔に使いたいものです。また、部屋の片隅や重たい家具の下に固定してしまわずに、ピクニックの敷物のような感覚で、休日の読書やリラックスのおともとして、日当たりのよいところに移動させて使うのも素敵です。
このように、ラグの魅力はサイズや用途に柔軟性があるところではないでしょうか。ファブリック類は模様替えの強い味方ですが、ラグも大きさや色、模様を選べば、気軽にインテリアのテイストを変えてくれます。むしろラグのほうが、シンプルなデザインが多いカーテンやベッドカバーよりもずっと冒険がしやすいのです。家具はシンプルにして、好きなテイストのラグをいくつか持っておけば、気軽に部屋の雰囲気をがらっと変えられて楽しいです。いろんなインテリアのテイストが好きで1つに決められない欲張りな人におすすめです。


自宅の床をよりデザイン性の高いものにするならラグを敷いてみてはいかがですか。最近ではおしゃれなデザインのラグがたくさん出てきています。それらをひとつ選んで敷くだけであなたの家の床が一気におしゃれになるかもしれません。そんな使い勝手の良いラグをぜひ探してみましょう。

Topics

Update Posts

TOP