ラグマット

ラグのデメリットについて

私たちの生活にとって住宅は欠かせない存在となっています。近年は和風の住宅が少なくなり、洋風の住宅が日本でもスタンダートになっています。そんな洋風の住宅の床は大半がフローリングとなっているかと思われます。フローリングに敷く物と言えばラグとなってきます。家具による床の傷防止や小さい子供が居る家庭であれば、頭をぶつけたとしてもクッション性があるので大きな役目となります。そんなラグですが、デメリットも存在しているのです。ラグを敷くデメリットについて掲載していきます。
それは雑菌が繁殖しやすい点です。ラグを敷く事によって空気中に漂っている埃やゴミ等のハウスダストを吸着してくれるので、清潔感が保てると思っている方は多いと思われます。確かに掃除機でハウスダストを吸い込みやすくはなるのですが、雑菌は掃除機で吸う事は出来ません。足の裏には多くの雑菌が付着しています。
その足でラグの上を歩いたりするだけで、ラグには無数の雑菌が付着してしまうので、衛生面から考えると好ましくない物になってしまいます。もしもラグを敷くのであれば定期的に洗濯やクリーニングを行ってラグに付着している雑菌を落としてやる必要があるのです。

Topics

Update Posts

TOP