ラグマット

ラグとは何?どんな使い方があるの?

部屋の敷物として、最近人気のインテリア品と言えばラグです。ラグと言う名前はよく聞きますが、カーペットとの違いや、その使い方がよく分からないという人も多いようです。そこで今回は、ラグとはいったい何なのか、どんな使い方があるのかをご紹介します。
部屋の敷物と言えば、まず思いつくのがカーペットです。これは部屋全体を覆う敷物になります。例えば6畳の洋室の部屋に6畳のカーペットを敷いて暖を取ったり、防音効果や床の傷み防止を目的に敷いたりします。稀に必要な部分のみ、4.5畳のカーペットを敷くような使い方もあります。カーペットに対してラグは3畳程度までの、部屋の一部分に敷くような大きさのものです。
その使い方の一例として多いのは、リビングのソファー周りに敷いて、床でもゆったりできるスペースを確保するのに利用します。また、ソファーに座った際の足元の暖を取るために使用するケースもあります。ダイニングルームでは、テーブルの下にラグを敷いて、足元の暖を取るケースも見受けます。このようにラグは部分的に敷いて使うものです。その大きさや柄、素材の種類は多彩で、部屋の雰囲気やスペースに合わせて選ぶことが可能です。お洒落なラグもたくさんあり、部屋のインテリアとして雰囲気づくりにも役立ちます。

Topics

Update Posts

TOP